保活

<保活>保活っていつから動けばいいの?世田谷区で保活した実体験。虎の巻!

どうも、まーちゃん(  @machannoie )です。
働くママなら必ず通る道「保活」。
東京都の待機児童ランキング(2018年度

1)世田谷区 486人
2)江戸川区 440人
3)目黒区 330人
認可外保育園に入れている場合は待機児童に含まれないので、あまりあてになりませんが、少なくともこれ以上認可に入れない子供がいるという事です。
今日は保活の進め方の一つ、いつから動けばいいか?について実体験も踏まえ、ご紹介していきます。
それではみていきましょう!

保活はいつから?妊娠したらすでに始まっている

タイトル通り、保活っていつから動き出せばいいの?

世田谷区は保活激戦区と何となく聞いてはいましたが

 

「フルタイムで両親遠方だし、どこかはいれるでしょ」

 

※世田谷区に親族遠方の加点はありません!!汗
 何も知らなかった。ただ加点減点している区もあるようです。

 

「まぁ産まれてからで大丈夫でしょ」

 

と遠いことのように考えていました。
でも待ってください!!!

保活を終えた私が、過去の自分にアドバイスできるとしたら究極はこの1点です。
それは、

 

「妊娠中に動くが吉!!!」

 

 

これにつきます。

実際、私が保育園見学を開始したのは子供が生後8か月、6月過ぎた頃でしたが
妊婦さんで見学している方を何人も見かけました。
その頃から「あれ、私自分が早めに動いてるつもりだったけど、そんなことない?」
と不安になりはじめました。

妊娠中に動くのがいい理由はいくつかあります

 

妊娠中に保活をはじめるといい事

①園の申し込み方法をいち早く知ることができる

申し込み方法は保育園の種類によって異なります。
認可は一律区に申し込みますが、認可外(認証保育園、保育室、無認可園等)は個人が各園に直接見学予約を取り、見学と同時に申し込みができたり、後日申込期間を設けて受け付けたりします。認可外は先着順という園が多かった。(ここも後日書きます)
また、妊娠中でも申し込めるのか、出産してから受付か等園によって様々です。保活で一番大変だったのはココで、認可外は園によって申し込み方法や期間がバラバラなのでとりあえず電話をかけて情報を集める作業が大変でした。世田谷区が率先して、情報だけでもまとめてくれたりするととても助かるけど、それは難しですよね。

  • 認可保育園は一斉申し込み。
  • 認可外保育園(認証保育園、無認可保育園、保育室など)の申し込み受付スタートは各園によって異なる(要問い合わせ)

②一人で動けて集中できる

保育園の見学は平日昼間が多いです。
出産してからは当たり前ですが、育休を取得している場合は常に赤ちゃんを連れていかねばなりません。

私は夏前に保活を開始しましたが、見学日に台風が来てしまい、見学を延期していただいたこともありました。

子供の体調が悪かったり、風邪やインフルエンザが流行っている時期などは連れて出たくないですよね。

また我が家は通園範囲を自転車で10分まで、と決めていたので自転車10分=徒歩30分の距離を赤ん坊を抱っこして歩くこともありました。授乳の時間を考えて予定を組んだり、気を遣うこともありました。(実際に産んだ後の見学は、この子がここで育つのかと具体的に想像できたのは唯一いいことかも。)
見学の優先順位を決めて、先着順もありうる認可外から問い合わせるのがいいと思います。

 

見学する順番としては

認可外>認可(私立)>認可(区立)の順でしょうか。この順番に関してはまた後日。

 

と、妊娠中から行動することを熱弁してきましたが、

もう出産してしまってる!もう遅い?

とお思いの貴方。
そんなことないです。

私も内定貰えたので。

妊娠中は働くだけでも大変なのに、見学なんてなかなかできない方もおられると思います。
焦らず計画的にやっていけばきっと大丈夫です。

 

最初すごくハードルが高い(特に電話で見学予約するのが!)とお思いの方もいらっしゃると思います。最初の1園さえ見学してしまえば、「こんなものか」とどんどん見学する気になると思います。

 

まとめ

★体調に問題がなければ、妊娠中に見学をしてみよう
★認可外の申込み方法は様々。先着順の園もあるので、まずは問い合わせてみよう

次の記事では具体的な保活の内容を書いていきたいと思います。